びかんれいちゃで糖化しない体に

美甘麗茶で糖化を予防した食生活を!

モデルのまいぷぅこと宮城舞ちゃんプロデュースの美甘麗茶(びかんれいちゃ)!

 

 

最初に美甘麗茶(びかんれいちゃ)の公式サイトをチェックしてみる?

 

美甘麗茶はダイエット目的で飲み始める人も多いのですが、実は老化にも関係があるって知っていましたか?

 

老化は平等ではない!若々しい食生活とは?

 

どんなに抵抗しても、時間は1分、1秒と過ぎていきます。

 

みんな、平等に歳をとり、加齢が進んでいきます。

 

では、老化はどうでしょうか?

 

加齢は時間の流れ、老化は加齢に伴う衰えのこと。

 

厳密に言うと加齢と老化は違います。

 

同じ年齢でも、実年齢よりも若く見えたり、逆に老けて見える人がいます。

 

いつまでも若々しく過ごすために気を付けるべき食生活を、まず見直しましょう。

 

老化は「糖化(とうか)」と「AGE」から

 

老化は、「糖化」から起こります。

 

「糖化」とは、たんぱく質と糖質を加熱することで、褐色の物質(=コゲ)ができる反応のことです。

 

例えば、ホットケーキを作る時にできるこんがりとした色味。

 

材料の卵と砂糖が混ざり合って、熱した時に起こる糖化反応によるものなんです。

 

この糖化は、私たちの身体の中でも起きています。

 

身体にあるタンパク質と、食品から摂取した糖質そして体温によって身体に「AGE(終末糖化産物)」発生します。

 

この糖化によって生成、蓄積される「AGE(終末糖化産物)」という“身体の中のコゲ”が老化の原因だったんです!

 

特に身体のコラーゲンがこのAGEから大きな影響を受けます。

 

コラーゲンといえば肌の成分としてあまりにも有名ですよね。

 

実は、体内のタンパク質の約30%はコラーゲンで構成されていて、血管や骨、目などにも幅広く存在しています。

 

AGEが増えると、コラーゲンの持つ弾力性が失われてしまう上、コラーゲンの再生を阻害してしまうんです。

 

また、古くなったコラーゲンはどんどん蓄積してしまうのです。

 

そうなると、肌トラブルはもちろんのこと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞のリスクも高まります。

 

そんなAGEを作りだす糖化は、血糖値が高い状態が続いたり、または急上昇することで起こりやすくなります。

 

そこで気をつけなければいけないのが普段の食生活!

 

いつもの食事が、糖化を促進させているかも?!

 

1.朝食を抜く

 

例えば、朝食を抜いた状態で昼食をたくさん食べると、血糖値が一気に上昇します。

 

すると、それをコントロールしようとインスリンが大量に分泌され、今度は血糖値が急に下がります。

 

このような血糖値の乱高下は、糖化を促進します。

 

糖尿病のリスクを増加させてしまうので、朝食はしっかりとりましょう。

 

2.早食い

 

また、食事の際には

 

・早食いせず、ゆっくり食べる
・野菜→肉・魚→ごはんの順で食べる

 

以上のことを心がけると、糖質の吸収が穏やかになり、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

 

 

2.揚げ物やファーストフードに注意!

 

AGEは、高温調理している焼き物や、揚げ物に多く含まれます。

 

そもそも、糖質の過剰摂取を抑えれば、体内でのAGE生成を予防することにつながりますが、実は、私たちはAGEを体内で生成するだけでなく、食品からも摂取しています。

 

つまり、AGEが多く含まれる食事は、老化を早めてしまうのです。

 

特に、揚げ物が多いファーストフードはAGEが多く含まれる食品として知られています。

 

日頃からファーストフードを食べる機会が多い方は、この機会に量や頻度を減らしましょう。

 

 

3.スイーツの食べ過ぎ

 

甘いものの食べ過ぎは、もちろん血糖値をあげます。

 

甘いものはできるだけ控えましょう。

 

甘いものを控えて、毎日のお茶を美甘麗茶にしてみましょう!

 

糖化対策を意識した食生活にぴったりなのが美甘麗茶です。

 

 

まずは甘いものから減らそうと思った時、どうしても甘味が欲しくなる時がありますよね。

 

そんな時に美甘麗茶を飲みましょう。

 

砂糖の甘さではありませんが、甘いものを抜いた体には、しみわたる甘さです。

 

しっかり満足感もあります。

 

脳が「甘い」と認識してくれるんですね。

 

このサイトで紹介した通り、煮物を美甘麗茶で作ってもふつうにできるので、糖質を抜くことができます。

 

美甘麗茶で煮ものはこちらから

 

糖質を少なくして、老化しない生活を心がけましょう。

 

そして、美しいアラサー、アラフォーを目指しましょう。

 

糖質を少なく!美甘麗茶の公式サイトはこちら

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)痩せないって本当?効果口コミをチェック!はこちら