美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分をチェック!

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分をチェックしました!

ViVi専属モデルの宮城舞(まいぷぅ)さんがプロデュースし、「効果があるのに美味しいデトックティー」として話題の美甘麗茶(びかんれいちゃ)。

 

届いてみると、和柄の可愛いパッケージ。

 

ちょっとした雑貨のようにも見えますね。

 

こんなにかわいい上に、デトックス効果がしっかりあってダイエットにお役立ち!

 

 

最初に美甘麗茶(びかんれいちゃ)の公式サイトをチェックしてみる?

 

でも、ダイエットを続ける上で、どうしても気になるのは「ちゃんと効果のある成分が入っているのかな?」ということですよね。

 

また飲むものだけに、身体に良くない成分が入っていないかということも心配の一つ。

 

ここでは、美甘麗茶の成分と効果をまとめましたのでお伝えします。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)に入っているのは、美容効果のある7つの厳選された成分!

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)には、美容効果のある7つの成分が入っています。

 

1.「甘茶」

 

甘茶はユキノシタ科の植物です。

 

あまちゃづるという植物に似ていますが、美甘麗茶に使用しているのは全く別のもの。

 

若い葉を蒸して摘んで更にそれを煎じて作ります。

 

甘茶の特徴はやはりその甘みですよね。

 

砂糖の200倍から400倍とも言われていて、その甘みは葉を乾燥させることにより出てくるものなのです。

 

この甘みが美甘麗茶には欠かせないもの。

 

ダイエット中でも甘いお茶が飲めるので、満足感もとても高くなります。

 

抗アレルギー作用も認められています。

 

美甘麗茶に使われている甘茶は、自然豊かな美しい北の土地・青森県の原産です。

 

国産という点からも安心ですね。

 

5月〜6月に咲く甘茶の花↓

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

加工されて甘くなった甘茶の葉↓

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

2.「キャンドルブッシュ」

 

美甘麗茶に含まれているキャンドルブッシュは、インドネシアやマレーシアなどの比較的暖かい熱帯地域に生えている植物です。

 

古来より、薬草として使用されてきました。

 

縦に長い黄色い花を咲かせるのが特徴です。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

「ゴールデンキャンドル」「クリスマスキャンドル」「ハネセンナ」「カッシア・アラタ」などの別名もあります。

 

キャンドルブッシュにはスッキリ・快チョー効果のある「センノシド」という成分が含まれ、脂肪分解や消化を促進してくれます。

 

その便通効果が注目されて、便秘を解消するために薬草として使用されていました。

 

下剤などの薬に頼りたくないという人には美甘麗茶の自然の力で排便ができてスッキリ効果が出るので嬉しいですね。

 

便秘は、お腹の張りや苦しさももちろんですが、肌荒れ、ニキビなどの美容にも大きく関係してきますので解消したいところです。

 

ただ、注意が必要なのは、センノシドは下剤と同じ成分です。

 

もしおなかが緩くなるようであれば、美甘麗茶を薄くして飲むか、量を減らしましょう。

 

参考サイト:

 

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140123_1.pdf

 

3.「クマザサ」

 

青汁の成分としても近年とても有名になっているクマザサ。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

ミネラル・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンK・フラボノイド・葉緑素・必須アミノ酸・植物繊維などがとt眼御バランス良く含まれているんです。

 

健康食品などにもよくつかわれていますね。

 

冬眠する熊は、冬に排便をしないため、腸内や血液を綺麗にするため、クマザサを食べてから冬眠に入るそうです。

 

体内を綺麗にする成分のほかにも

 

  • 胃痛
  • 高血圧
  • 免疫力の強化
  • 骨粗しよう症予防
  • ガン予防
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍の予防

 

などの効果が認められている万能な植物なんです。

 

体内の血流を良くして、代謝を促進してくれるので、その結果美肌になったり、快チョー効果をもたらしてくれたりもします。

 

4.「カワラケツメイ」

 

カワラケツメイは、マメ科ジャケツイバラ亜科カワラケツメイ属の植物です。

 

5ミリ程度の小さい黄色い花を咲かせる可愛い植物です。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

別名ネムチャ、やマメチャと呼ばれています。

 

このカワラケツメイは、弘法大師が広めたとして弘法茶とも呼ばれています。

 

アトラキノン誘導体という成分が含まれているため、便秘解消にとても効果があります。

 

大腸を刺激してぜんどう運動を起こすのでスムーズに便が出ます。

 

利尿作用で体内の水分も一緒に流してくれるますので、女性が気になるむくみ改善にもとても効果があります。

 

さらに、カワラケツメイには

 

  • 血圧を下げる効果
  • 抗酸化作用
  • 滋養強壮

 

にも効果があるんです。

 

またカワラケツメイにはリパーゼインヒビターという成分も含まれています。

 

リパーゼインヒビター・・・脂肪を体内に吸収するのを助ける酵素(リパーゼ)をブロック!脂肪を吸収しにくくします。

 

このカワラケツメイが入っている美甘麗茶が、腸内をスッキリさせて、脂肪を吸収しにくくするのはこの働きのおかげなんですね。

 

5.「ルイボス」

 

女性の美容に効果的ということで、すっかり定着した美容茶のルイボス!

 

マメ科のアスパラトゥス属の植物です。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

妊婦さんにも優しいと定評のあるルイボスティー。

 

その抗酸化作用は広く知られていますよね。

 

SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)という成分により抗酸化作用があるんです。

 

また、

 

  • マグネシウム
  • カリウム
  • ビタミンC
  • カルシウム

 

などの美肌に欠かせない成分がバランスよく含まれているので、美容に敏感な女子に注目されているんですね。

 

そしてルイボスの効能は、

 

  • アンチエイジング
  • 美肌
  • むくみ
  • 冷え改善
  • アトピー
  • ダイエット
  • 安眠効果
  • 二日酔い
  • 貧血
  • 生理痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 加齢臭
  • 体臭
  • 更年期
  • 熱中症
  • 糖尿病
  • 痛風
  • 花粉症

 

と、多岐にわたっています。

 

とにかく身体に無理なく体質改善を行いたい人にとても向いています。

 

6.「コーン茶」

 

まいぷぅさんが、以前から美容のためにコーン茶を愛飲していたことは有名なんです。

 

そして、この美甘麗茶にもコーン茶が含まれています。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

コーン茶は、鉄分を多く含んでいるので貧血対策にもいいんです。

 

また、カリウムが余計な水分を対外に排出するので、むくみ対策も出来るんです。

 

血糖値が急激に上がるのを防いでくれたり、さらには脂肪の吸収を抑える働きもあります。

 

水溶性食物繊維は、便秘解消に効果もありますよ。

 

そして利尿作用もあるので、むくみ改善にも役立つんです。

 

7.「黒豆」

 

イソフラボンとアントシニアンをたっぷり含み、美肌と美白に高い効果を持ち、女性の美容をサポートしてくれる黒豆。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

黒豆ダイエットで一時期話題になりましたよね。

 

黒豆の中に含まれている大豆ペプチドという成分が、基礎代謝を上げてくれるので、食事をしてもその後の消費カロリーが上がりダイエットにつながります。

 

また、大豆サポニンという成分は、腸内を収縮させて脂肪の吸収を抑えてくれます。

 

脂っこい物を食べ過ぎたときに飲むと良いですね。

 

黒豆には不溶性食物繊維が豊富に含まれていて、食欲の制御にもつながり、これもまたダイエットにはとても良い効果なんです。

 

美甘麗茶は、国内工場で製造!

 

美甘麗茶は日本国内の工場で製造をしているので、安全面でも安心ですね。

 

原料の入荷から出荷まで徹底した品質管理のもと製造されています。

 

製造元:熊本県宇城市 甘茶原産地:青森県

 

成分の面でも製造の面でも安心して飲めて、しっかりとした効果を期待できるのが美甘麗茶なんですね!

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分は?

 

安心の美甘麗茶の公式サイトはこちら

 

トップページへ