びかんれいちゃの使い方

美甘麗茶(びかんれいちゃ)を料理にも使ってみて!

モデルのまいぷぅこと宮城舞ちゃんプロデュースの美甘麗茶(びかんれいちゃ)!

 

 

最初に美甘麗茶(びかんれいちゃ)の公式サイトをチェックしてみる?

 

この美甘麗茶(びかんれいちゃ)、煮物にも使えるんです!

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)で煮もの?新しい使い方!

 

作り方は簡単!

 

@いつも通り材料をお鍋で煮ます。

 

その時に美甘麗茶(びかんれいちゃ)を入れます。

 

すると、お砂糖を入れた時のような甘みが出るんです。

 

A材料が煮えたらお醤油を入れて、味を調えて出来上がりです。

 

甘味が足りないと感じたら、お砂糖を少し足してもいいですが、これで糖分をだいぶ抑えられるんです!

 

なぜ煮物に美甘麗茶(びかんれいちゃ)?

 

これを思いついたのは、糖質オフのダイエットをしているからです。

 

 

金スマでも特集されて、話題になりましたが、糖質を抜くダイエット。

 

ごはん、パン、パスタ、麺、果物、芋類、もちろん砂糖はNGです。

 

つらそうに思えますが、肉も魚も油もオッケー。

 

あとは何を食べてもいいので、全然つらくないんです。

 

味付けも、お砂糖は使いません。

 

煮物も焼酎と醤油などを使うのですが、ここで思いついたんです!

 

 

そこで試してみた美甘麗茶(びかんれいちゃ)の煮物!

 

意外と普通でおいしかったんですよ!

 

これで糖分を抑えられますから、一度ぜひ試してみて下さい!

 

なぜ、糖質オフダイエットがいいの?

 

私たちは、砂糖の甘さになれてしまっていますよね。

 

でも、糖分の取りすぎは糖化を招きます。

 

糖化とは、身体の中でタンパク質と余分な糖が結びついてタンパク質が変性、劣化してAGEs(糖化最終生成物)という名の老化物質を生成する反応のこと。

 

  • お肌の黄ぐすみ
  • ハリや弾力の低下
  • シワ
  • シミ

 

など、エイジングの原因の一つになるんです。

 

糖化とは突然起こるわけではなく、特別な現象でもありません。

 

甘いものや炭水化物の取りすぎによって、徐々に進行していくのです。

 

糖化を進行させないためにも、糖分は控えるべき!

 

砂糖は脳が甘さを覚えて、クセになります。

 

ソフトドラッグと呼ばれているほど。

 

だから、やめるなら一気にやめる必要があるんです。

 

どうしても甘いものが欲しくなったら美甘麗茶(びかんれいちゃ)を飲めばいいんです。

 

お茶の甘さなんてバカにしてましたが、ちゃんと脳が甘いと認識できる甘さです。

 

もちろん、甘いものを抜いているからそう感じるのかもしれませんが、ちゃんと甘く感じます。

 

ダイエットの強い味方、美甘麗茶(びかんれいちゃ)を利用して、しっかりダイエットしちゃいましょう!

 

お砂糖の量を減らせる美甘麗茶の公式サイトはこちら

 

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)痩せないって本当?効果口コミをチェック!はこちら